本文へ移動

技術認定・要項

技術認定・進級テスト要項

■ 1.受験申請

1)申請書の受付
a. 所定の用紙に記入の上、各級への進級テスト1週間前までに受験料を添えて各所属のボウリング場に提出のこと
b. テストの日程については、その都度通知する。
 

■ 2.受験資格

1) 小学生以上の男子及び女子とする。

2) ボウリング場協会加盟ボウリング場の所属ボウラーは、入会金500円を納入し、すべて10級とする。

■ 3.受験料

1) 5級以下受験の場合
 金2,500円(高校生以下)
 金3,100円(一般) ゲーム代金、認定料を含む

2 ) 4級、3級の受験の場合
 金3,700円(高校生以下)
 金4,600円(一般) ゲーム代金、講習料、認定料を含む
 
3 ) 2級の受験の場合
 金3,900円(高校生以下)
 金4,800円(一般) ゲーム代金、講習料、学科テスト、認定料を含む
 
4) 1級の受験の場合
 金5,000円(高校生以下)
 金6,200円(一般) ゲーム代金、講習料、学科テスト、認定料を含む
 
5) S級の受験の場合5
 金6,000円(高校生以下)
 金7,500円(一般) ゲーム代金、講習料、学科テスト、認定料を含む

■ 4.試験方法

実技試験はアメリカ方式とし、日本ボウリングルールを採用とする。
9級受験の際、8級もしくは、7級、6級、5級の合格点に達した場合はその級を与える。
4級受験の際、3級に達した場合はその級を与える。
2級受験より、1段階ずつの進級とする。
例外として、各団体の公認全国大会、プロ協会公認のオープン大会等の公認試合の上位入賞者は、審査委員会の理事の承認により実技試験が免除されるが、学科テストはその限りではない。その場合の受験料は半額とする。
 
9級から5級の試験合格点 合格点の( )内はアベレージ
・ ボウリング場協会加盟ボウリング場で開催する。
・ 実技試験のみ
  ゲーム数 合格点(男子) 合格点(女子)
5級 6G(3×3) 900(150) 840(140)
6級 6G(3×3) 840(140) 780(130)
7級 6G(3×3) 780(130) 720(120)
8級 6G(3×3) 720(120) 660(110)
9級 6G(3×3) 660(110) 600(100)
☆9級から5級間での飛び進級は可能(4級へは不可)。
☆5級認定者に対して、4級・3級の受験資格が与えられる。
4級及び3級の試験合格点 合格点の( )内はアベレージ
・ ボウリング場協会加盟ボウリング場の1会場にて開催する。
・ 実技試験合格者は、講習会に参加しなければならない。(ボウリングの基礎知識)
  ゲーム数 合格点(男子) 合格点(女子)
3級 9G(3×3×3) 1530(170) 1440(160)
4級 9G(3×3×3) 1440(160) 1350(150)
☆4級から3級間での飛び進級は可能(2級へは不可)。
☆3級認定者に対して、2級の受験資格が与えられる。
2級の試験合格点 合格点の( )内はアベレージ
・ ボウリング場協会加盟ボウリング場の1会場にて開催する。
・ 実技試験合格者は、講習会及び学科テストを受けなければならない。(ボウリングの基礎知識)
  ゲーム数 合格点(男子) 合格点(女子)
2級 9G(1G毎の移動) 1620(180) 1530(170)
 
1級の試験合格点 合格点の( )内はアベレージ
・ ボウリング場協会加盟ボウリング場の1会場にて開催する。
・ 実技試験合格者は、講習会及び学科テストを受けなければならない。(ボウリングの応用知識)
  ゲーム数 合格点(男子) 合格点(女子)
1級 12G(1G毎の移動) 2280(190) 2160(180)
 
S級の試験合格点 合格点の( )内はアベレージ
・ ボウリング場協会加盟ボウリング場の1会場にて開催する。
・ 実技試験合格者は、講習会及び学科テストを受けなければならない。(ボウリングの総合知識)
  ゲーム数 合格点(男子) 合格点(女子)
S級 12G(1G毎の移動) 3000(200) 2280(190)
 

■ 5.レーンコンディション

各進級実技試験のレーンコンディションについては、次のように定める。
5級以下の場合
  オイルの長さ 36フィートから38フィート以内
  オイルの量 5ユニット以上
 
3級・4級
第1エリア
オイルの長さ
オイルの量
32フィート
5ユニット以上
第2エリア
オイルの長さ
オイルの量
36フィート
5ユニット以上
第3エリア
オイルの長さ
オイルの量
40フィート
5ユニット以上
各エリアを1シリーズ(3ゲーム)づつ投球し合格点に達しなければならない。
 
2級・1級・S級
レーンコンディションは、32フィートから42フィートを基本とし、1ゲーム毎のレーン移動とする。

■ 6.実技試験合格者に対しての講習会及び学科テスト

実技試験合格者は各級に定められた、講習会及び学科テストに合格しなければならない。
・ 3級、4級は講習会への参加を義務づける。
・ 2級以上は学科テストを実施する。
・ 学科テストの不合格者に対しては、再テストを行う。

■ 7.失格対象、及び失格条件

1)失格対象の条件
a. スコアーカードの記入ミス及び記入漏れ
b. 受験態度及び、言動の著しく悪い者。

2)失格の条件
a. 各テスト及び、講習会の集合時間に遅刻または不参加の者は失格とする。
b. 未検量のボールを使用した者は失格とする。

■ 8.ボール検料

1)検量証
受験生が使用するボールは、各ボウリング団体が発行する検量証または、当協会が発行する検量証受領しなければならない。
 
2)検量代
ボール1個につき200円とする。

■ 9.認定

各階級の試験に合格した者に対し、次の者を交付する。
1)認定ワッペン

2)認定証

3)2級以上の者は当委員会が認めたハウスインストラクターとする。

■ 10.その他

・ 服装はスポーツマンとしてふさわしい服装であること。
・ ユニフォームの背に所属ボウリング場の「名」及び、個人の「氏」又は「氏名」を記入すること

■ 11.施行者

(社)日本ボウリング場協会承認
山梨県ボウリング場協会
ボウリング技術認定審査委員会

■ 12.山梨県ボウリング場協会加盟センター

ダイトースターレーン(双葉)
スポルトコスモボウル
大丸パークレーンズ
都留ファミリーボウル
TOPへ戻る